Yahoo!

2017年2月1日水曜日

ひさびさの近江ちゃんぽんを食べながら、「並」について考えてみた。




朝草津、昼から三河で移動中、ひさびさに近江ちゃんぽん食べた。もちろん、野菜は一日盛だ。


酢を振りかけて食べ始めると、となりの会社員風の男性の席が店員を呼び止めてこう聞いた。 「これ、野菜大盛?」

店員さん「はい、大盛です。」

会社員風の男性、納得してない様子見せながらしぶしぶ食べ始めた。


ちゃんぽん亭に詳しい人なら気づくはずた。「ん、野菜大盛なんてあっただろか?」


あたりを見回して、一枚の貼り紙を見つけた。

「お客様のために、メニュー表記を改定しました」と。

野菜小盛→野菜並盛へ変更。
野菜並盛→野菜大盛へ変更。
野菜一日盛は変わらず。
すべてお値段は据え置き。

なんだ、言い方が変わっただけなのか。

いや、違う。

「並」の基準が変わったんだ。

近江ちゃんぽんのイメージは、野菜たっぷりと優しい和風だし。お酢をかけてとてもヘルシー。

だったと思う。お店のメニューにもそれっぽいことが書いてあった気がする。

その一つ「野菜たっぷり」が外されたんだ。

お年寄りとか女性基準だと少量が普通になって喜んでもらえるのだろう。

従来の並が欲しい人は、大盛って言うだけでいい。価格も変わらないし。


でも「並」にはお店のベーシックなメッセージが込められている気がする。これが私たちが考える「並」なんですよ、と。

近江ちゃんぽんはそれを変えたんだ。


私自身は、フラッグシップ志向なので、上位モデルとか尖った機種とか選びがちで、あんまり「並」には興味がない。

でも今日は「並」について考えさせられた。

「並」とは。「並」に明確な意志は必要なのか。。なんて。

近江ちゃんぽん亭、メニュー表記の変更、さらっと決めてたりするんだろうなぁ。。