Yahoo!

2016年2月14日日曜日

遅ればせながら、#私を構成する9枚 を。 


Twitterで少し前に流行ったらしい、「私を構成する9枚」 
遅ればせながら、私も抜き出してみました。

あるアーティストを徹底集中して聞き続ける派なので、9つのアーティストを出すのは大変かなぁ、と思ったけれど、意外とすんなりだせました。

今でも自然と頭に浮かんだり、メロディを聞くと当時の記憶が鮮明に蘇るような9枚です。

左上から順に。

  1. ドレミファブック 小さいころ我が家で買ってもらっていた、レコード付きの本。特に 「♪ちびくろサンボがさんぽ」 って歌、今でも時々 頭の中をめぐったりします。 
  2. あずさ2号 (狩人) 初めて自分で買ったレコード。小4の時だった。
  3. 天までとどけ (さだまさし) 小中高とラジオにハマっていた。土日はラジオ漬け。日曜午後・ラジオ関西「神戸発・日曜午後1時」のリクエストコーナーで耳にして、さだまさしにであう。その後、大学後半で再燃、現在に至る。
  4. ひとり (中島みゆき) 高校生活最後、FMリクエストアワーで耳にする。エアチェックしたカセットを大学下宿生活で何度も繰り返して聞いた。 大学生活の前半は中島みゆき三昧だった。
  5. 時間の国のアリス・夏服のイヴ (松田聖子) 大学1年の頃よく聞いた。夏の夜の通学路のにおいと共に思い出す。
  6. イエスタデイ・ワンス・モア (カーペンターズ)大学の後半、スーパーマーケットでレジ打ちバイトをしていたころ、有線で流れてきて、レンタルレコード店でカーペンターズのベストを借りてきて聞き出した。ラジオから流れてくる昔の歌、っていう歌詞は何度もきいてもぞくっとします。
  7. トワイライトの風 (相曽晴日) これまた大学の後半、運転中にFM聞いてて「男と女」という歌に出会い、そのままレンタルレコード店に走っていって、このアルバムを借りた。「舞」という歌も大好きだ。
  8. 陽気に行こう (高石ともや) 大学生活の後半戦、ボランティア活動や野外レクリエーションにハマっていたころに出会う。コンサートにも出かけていったなぁ。
  9. あしたがすき (とらや帽子店)社会人になってから、横浜の本屋で見かけたCD。この「音楽広場」のとらや帽子店のCDは全部買っちゃった。「にじ」「せかいじゅうのこどもたちが」 素敵で楽しい歌がいっぱい。