Yahoo!

2011年4月15日金曜日

アンドロイドIS03のOS、アップデート完了!

昨日、au IS03のメジャーアップデートが公開されました。
待ちに待ったandroid OSのバージョンアップ。最新ではないものの、2.1 から2.2になるのは気分がいいですね。

夜、シャープのサイトにアクセスしようとしましたが、混んでいてつながらない… 結局繋がるまでに一時間かかりました。 つながったあとは意外とあっさり進み、50分程度で完了。

フル充電していないとアップデートできないようなので、要注意です。
��インストールソフトが充電量をチェックしているようです)

あとは、.NET Framework 3.5がインストールされていないと、そのダウンロード&インストールが走ってしまうので、更に10数分かかります。


無事アップデートが完了して生まれ変わったIS03。 壁紙や日本語入力(atokからデフォルトのiWnnに戻ったり (※1))、無線LAN設定など、あらゆる設定がクリアされて、これまた生まれ変わったイメージを演出!?

OSのバージョンアップで、動作速度が改善されたり、Flashが標準で使えるようになったり、SDカードにアプリがインストールできたり、といろいろ改善されているのはうれしいです。

どのくらいサクサク・ヌルヌルになるかなぁ、と期待してました。
確かに、画面切り替え、アプリ起動は高速になりました! ただしスクロールはヌルヌルといった感じにはなっていません。


そんな中で、私が一番期待していたのは、CDMA 1x によるデータ通信のサポートです。
これで、東海道新幹線のトンネルの中でも、メールやネットが使えます
確かに、トンネルに入ると、ステータスバーの電波表示(アンテナバー)が、"3G"から"1x"に切り替わっています。(※2)
いまこれも新幹線車内で書いています。速度は遅いですけど… 大きな進歩です!

※1.android OSを2.2にバージョンアップすると、日本語入力がIS03デフォルトの「iWnn for SH」に勝手に戻ってしまいます。 一瞬びっくりしますが、再度日本語入力をatokに設定し直せば動作します。
iWnn for SHの設定ボタン(”スパナ”のアイコン)をクリック→「文字入力ソフト変更」から、"atok"を選び直せばOKです。

※2.CDMA 1x: 最大受信速度:144kbps。東海道新幹線トンネル内や一部地方・山間部などは、まだこの1xエリアしか対応していないところがあるようです。
"3G"と表示されるのは、いわゆる ”CDMA 1x WIN”で、下り最大2.4Mbpsの高速パケット通信ができるエリアです。