Yahoo!

2007年2月26日月曜日

振り子時計



リビングの壁にかかる振り子時計。
純粋なねじ巻き式で、電池いらずのエコな時計なのですが、
毎週末のねじ巻きは欠かせません。
クォーツでなく振り子の長さで正確さが決まるので、季節が変わる毎に微妙に調整してやらないと遅れたり進んだりします。

この時計を買おうと決めたとき、週毎のねじ巻きは分かっていたのですが、季節毎の振り子調整まではさすがに気づかなかった。

暖かくなれが振り子が延びて、時間が遅れる。逆に、寒くなれば時が進む。
よく考えれば当たり前のこと。
かくして、時間の進み具合を見ることでも季節を感じるのです。

今年の冬は暖冬。時計の進み具合もいつもの年より控えめかな様子

ところが1月の終わり頃、時計を見て一気に時間が進んでいることに気がついた。
どうしてだろう? 急に寒くなったわけじゃないのに、と考えたところ…
なるほど。 日中家に誰もいないからだ。
そして、振り子の長さを長くした。

先週末。1ヶ月ぶりに家族が戻ってきた。
暦の上でも春になった。
そろそろ振り子を短くしないといけないかな。